Nowte

テクノロジー・アウトドア・旅行のブログ

フレッツ光を解約してみた

フレッツ光高すぎ!!

私はこの3月に家を引っ越したんですが、そのついでに思い切って固定回線を解約しました。

私が契約していた集合住宅向けプランは戸建て向けプランより安いとは言え、月額約¥4500也。

解約の方法

【注意】 光回線を解約する場合、「回線事業者」と「プロバイダ」の2つを解約する必要があります。 この2つは別の会社だったり、同じ会社(光コラボ)だったりします。

まずはNTTに電話

俺「フレッツ光を解約したいんですが。」 オ「フレッツ光のご解約ですね。お客様のお名前とお電話番号、ご住所を教えてください」 俺「名前は茂手もて夫、電話番号は050-0000-$$$$、住所は土居中県土居中村です。」 オ「契約情報を調べるのでお待ち下さい」 〜保留音〜 オ「確認がとれました。失礼ですが、どのような理由でこの度解約をご検討されていますか?」 俺「引っ越しです。」 オ「お引越しに伴うご解約ですね。お引越し先でもフレッツ光を継続して使える可能性がありますがどうされますか。」 俺「解約して下さい。」 オ「今解約してしまうと違約金と工事費の残額をお支払いいただくとになります。」 俺「解約して下さい。」 オ「一度解約してしまうと、もし今後再びフレッツを使いたくなった場合もう一度工事費と契約事務手数ry)」 (以後2〜3分間、解約を踏みとどまらせるセールストーク) オ「それでは、解約の日付はいつになさりますか?お引っ越しをする日にしますか?」 俺「はい。2月31日に引っ越すのでその日に解約してください」 オ「かしこまりました。」 俺(2月31日ツッコまないんだ…)

(以後、解約の実務的な話)

機器を送り返す

NTTから貸与されていたモデム(正確にはモデムじゃなくて「光回線終端装置」)を返却します。

NTTから返送用の封筒が送られてくるので、その封筒に借りていたモデム(回線終端装置)を入れて返送します。ゆうパックの着払い伝票が付属しているので郵便局で発送する他ありません。

解約しちゃいな

もっと具体的に解約手順を書こうと思ったんですが、大企業NTTを敵に回すのはあまり良くないし、何しろこんな記事需要が無い気がするので、テキトーに書き上げました。

2月31日のくだりが面白かったので記事を書こうと決意しましたが、文章にしてみると対して面白く無かったね。ざんねんでした。

ちなみに、この後はプロバイダ業者のToppaを解約したのですが、大変苦労しました。 Toppaは全然簡単に解約できませんでした。結局解約するのに5ヶ月かかりました。この話の方が需要あるかな、まあいいや。