Nowte

テクノロジー・アウトドア・旅行のブログ

無制限のSPACE Wi-Fi 始めた

先日、Space Wi-Fi を契約しました。 Space Wi-Fiは民泊Wi-FiとかFUJI Wifi系の一種で、(ほぼ)容量無制限のモバイルルーターです。 毎月無制限の通信(一部制限あり、後述)とモバイルルーターのレンタルがセットで月額3,480円、他一切手数料なしというサービスです。

※この記事の内容を鵜呑みにしないでください。執筆においてはなるべく真実を書くように努力していますが、校閲等テキトーなので誤植等があるかもしれません。あくまでインターネッツの怪しい情報の一つ、程度の認識でお読みください。このブログは年間4記事程度しか書かない超零細ブログなので、そのへんどうかご勘弁ください。

FUJI Wifiの衝撃

そもそも、この手の容量無制限モバイルインターネットの流行はFUJI Wifiが作り出したと私は勝手に考えています。 FUJI Wifiが有名になったのは2016年12月くらいだったでしょうか。 有名ブロガーやYouTuberが「なんかすごいサービスがローンチされたぞ」と取り上げ、話題になりました。 当時も今もモバイルインターネットは容量制限に悩まされていて、mvno格安sim)でも10GBが月額約2,000円という相場の中、月額約4,000円で容量制限のFUJI Wifiの登場は衝撃的でした。 ソフトバンク回線の法人向けの回線をFUJI Wifiが一括で借りることで低価格を実現しているようです。

FUJI Wifi類似サービスがゾロゾロと

時は現在に戻り、2018年。本家FUJI Wifiは契約者増加に伴い、サービス内容や料金を変更しました。 サービス開始当時はFUJI Wifi一強でしたが、FUJI Wifiの後追いという形で登場した競合他社のサービスの方が相対的に魅力的になってきました。これらのサービスは近年のAirbnbブームに乗っかり「民泊wifi」と呼ばれることもありますが、多くの民泊向け無制限Wi-Fiサービスも一般ユーザーも契約できます。 私はFUJI Wifiの登場以来、それらのサービスの推移を見守ってきました。

w/WiFi(ウィズワイファイ)テラザウルスSAKURAWiFifamifiなど様々なサービスが入り乱れています。

このブログでは、面倒なので各サービスの比較等は行いません。各サービスのを比較したブログや、5chスレッドなどを参照するといいと思います。 w/WiFiを検索する時はカタカナで「ウィズワイファイ」と入力したほうがヒットします。

参考リンク

なお、容量無制限系モバイルルータースレッド界隈では、ソフトバンク回線のことを「禿」「禿回線」(孫正義に由来)、J mobileのテラザウルスのことを「寺」と呼ぶなど、いかにも2chなアングラ感あるスラングが用いられているので、ご注意くださいませ。

SPACE Wi-Fi

いろいろ比較した結果、契約手数料なし、解約手数料なし、容量無制限(ただし1日3GB以上使用すると通信速度を制限*1)で月額3,480円を謳うSPACA Wi-Fiを契約しました。SIMカード紛失時の再発行手数料などを除き、本当に月額3,480円以外の費用が掛からないという売り文句に惹かれました。世の中には解約金無料だけど解約事務手数料がかかる、などのトラップが存在るすサービスがありますが、SPACE Wi-Fiは良心的です。 Space Wi-Fiには回線が異なる以下の2機種のルーターが用意されていますが、私が契約したのはソフトバンク回線のMobile Wi-Fi E5383sです。

1日3GB制限が存在するのが気になるポイントですが、もしこの制限のせいで使い物にならないような状況だったら、解約手数料もないので潔く解約すればいいや、くらいの軽い気持ちで契約しました。 どの時間帯にどの程度の制限を行うのか、公式サイトに記載が見つからなかったのでそのあたりをこのブログで伝えられたら(PVが上がって)いいなあと思っています。

Space Wi-Fi レビュー

サービス内容は公式サイトを見てください。

レビューは2018年6月17日現在の情報です。 今後サービス内容が変動する可能性があるのでご注意ください。

私が契約したのはソフトバンク回線のMobile Wi-Fi E5383sです。

通信速度測定の結果を記しておきます。 速度測定なんてのは、接続した時間帯や通信機器、その他条件によって変動するので、気休め程度にご覧ください。 速度測定には定番のspeedtest.netを用いました。 先日ドメインを間違ってspeedtest.com(絶対アクセス禁止)と入力したら、フィッシングサイトに飛んだのでご注意ください。.netですよ。

時間帯 速度(下り)
7:00くらい 23Mbps
13:00くらい 6Mbps
19:00くらい 5Mbps

結果は上記の通りで、速くはないが必要十分な速度です。 YouTube等の動画サイトは問題なく視聴できるので、普通の使い方をする方にとっては何も問題ないと思います。

3GB制限時の速度

先述の通り、1日に3GB以上使用すると通信が制限されます。 公式サイトの表現を引用すると

1日で3GBを超える大量通信が発生した場合、当日中速度が制限されます。 出典 minpaku-bukken.com

だそうです。

時間帯 速度(下り)
19:00くらい 0.03Mbps
21:00くらい 0.02Mbps

速度制限の仕組みがどうなっているのか、公式サイトの記述からも、私が実際に利用した経験からもイマイチ理解できていませんが、たぶん、1日3GBを超えた場合、その日の夜19:00くらい〜22:00くらいの通信を制限しているんだと思います。通信制限はおおよそ22:00くらいまでで、23:00には解除されていることが多いです。 Mbpsとか言われてもどのくらいの速度かわからないですか?要するに速度制限時は劇遅です。動画なんてありえない、LINEなどのテキストベースの通信がやっとこさです。 ちなみに、MbpsはMega Bits Per Secondの略です。この前ドヤ顔でbpsは「ビッパーセカンド」の略ですよね、って言ったら「ビッパーセカンド」と訂正されました。複数形は中学英語レベルですよね。そういえば「目は2つだからeyes、耳は2つだからミミズ」というコント*2がありましたね。

モバイルルーターの性能

HUAWEIの E5383sという端末が送られてきました。なんかいかにも使用感があるので、他のユーザーから返却されたものを使いまわしているのだと思います。まあ、レンタルなので当然ですが。 ルーター自体の性能は普通です。端末にタッチパネルあるので設定等は簡単にできます。2.4GHz帯と5GHz帯の切り替えやSSIDと暗号鍵の変更など一通りの機能は揃っています。 バッテリーライフですが、1日約12時間は連続で作動しました。充電端子はmicro USBです。流行りのtype-cではありません。 端末のバックパネルは工具等なしで簡単に開き、予備バッテリー(別売)と簡単に交換できます。また、バッテリーを取り外すとSIMカードのトレイにアクセスできます。ただし、SIMカードルーターがセットで提供されているサービスなので、SIMカードの取り外しが利用規約等で制限されているかもしれませんのでご注意。SIMカードのサイズはmicro SIMではなく、nano SIMです。

SPACE Wi-Fi 総論

私の解釈では速度制限は当日中の19:00〜22:00に行われ、それ以外の時間帯は無制限に通信できます。この推測が正しいとしたら、1日のうちの3時間以外は容量無制限で、通信速度もソコソコ、動画配信サイト含めて特に問題なく視聴できるような状態なので、特に不満はありません。

私はこの手の容量無制限モバイルインターネットサービスを初めて使いましたが、やはり便利ですね。もうWiFiを求めて放浪する必要がなくなりました。いつでもどこでも、スマホタブレット、PCを開いて作業ができるって素晴らしいですよ。もう無料Wi-Fiのためにスタバやマクドナルドに課金する必要はないって素敵。

個人的にSPACE Wi-Fiはアリです。もっとも、SPACE Wi-FiがポケットWi-Fi系サービスの最適解かどうかは分かりませんが、契約事務手数料や違約金等が無く導入への障壁が低いので、とりあえず導入してみたい場合におすすめです。

ね。

*1:Mobile Wi-Fi E5383s(Softbank)の場合

*2:ザ・ドリフターズ