Nowte

テクノロジー・アウトドア・旅行についてのブログ

容量を圧迫するGaragebandをどうにかする



Garageband根こそぎ削除して容量を開放

macの本体SSDの空き容量が少なくなってきたのでデータ整理をしていました。

どうやらGaragebandが容量を食っていることが判明、思い切って削除することにしました・・・が。

こちらを御覧ください。

f:id:nowte:20170614162436p:plain

関連ファイルが重い

アプリ本体を削除しても、音源ファイルやらレッスンやらループやらが残っています。

こいつらが23GBも容量を圧迫しているのでどげんかせんといかん。

なお、私はGarageBandApple純正の追加インストールを行ったのみで、他社製の音源等は入れていません。

どうやらこの問題はmacユーザーに広く知られているようで、ググればすぐに解決策が見つかりました。

以下のフォルダを丸ごと削除でオッケーみたいです。

ただし、私自身そこまでmacに詳しくないので本当にこれで正しいのか自信がありません。真似する方はどうか自己責任で。



/Library/Audio/Apple Loops/Apple/

/Library/Application Support/GarageBand

/Library/Application Support/Logic



日本語版の方は"/Library"がカタカナの"ライブラリ"となっているかもしれません

この点未確認ですが、たぶんカタカナです。*1

“Logic"フォルダというトラップ

f:id:nowte:20170614164018p:plain

特筆すべきは /Library/Application Support/Logic です。

Apple LoopsとGarageBandの2つは直感でGarageBandの関連フォルダだと分かるんですが、"Logic"フォルダには気づきませんでした。

Logicとはプロ用の音楽制作ソフトでGarageBandのお兄さんみたいな存在なのですが、そもそも私のmacにLogicはインストールされていません。

故にLogicフォルダが存在していることすら知りませんでした。

Apple LoopsとGarageBandを削除しても、System Informationを見ると依然としてGarageBandが容量を食っていたので、いろいろ調べて気づきました。

という訳で、とっととLogicフォルダを削除しましょう。



削除後はちゃんとファイルサイズがゼロになりました。

f:id:nowte:20170614164755p:plain

Let’s Try

macの空き容量が少なくて、なおかつ、音楽に詳しいわけでもないのにGarageBandをインストールしてさも音楽好きアピールをしている私のような方は、この方法をお試しください。

ただし自己責任でね。







*1:英語がろくにできないくせに、カッコつけてmacの言語を英語にしています。